高層マンション

建売分譲一戸建て住宅のメリットとデメリット

青い家

通常家を建てる際は土地探しから始まりどういった家を建てるかを検討していく事になりますが、そうではなくすでに完成された土地付きの建売一戸建て住宅は基本的に購入価格が安い傾向にあります。整備によって開拓された区画にまとめて家の建設がされているのをご覧になった事があるという方も多いのではないでしょうか。これが建売住宅の安さの元となっていて同一区画内で同じ工事をする事で施工費用を大幅に節減する事を可能にしています。しかし建売住宅は傍から見てどうしても同じような佇まいとなってしまう為に個性という面において魅力は半減する事になります。全く同じ外壁材を使用しているという建売住宅が建ち並んでいるというのも決して珍しい事ではありません。また間取りや建具に関しても同じ建築業者が担当している為にお隣さんととても良く似ている構造になってしまう事も多々あり、実際にご近所付き合いをしていく中で驚かれる方も多くいます。これから一戸建て住宅を購入するという方はその辺りを十分考慮して決断してください。家はそうそう建て替える事をせず大抵の人は20年は同じ家過ごす事になる大切な空間です。くれぐれも即断をせずに考慮するようにしましょう。

PICK UP

  • ビル

    お気楽なワンルーム賃貸

    私の叔母にあたる方が、最近、広大な敷地に家を建てたとの事で大変羨ましく思っていました。勿論、傍…

  • マンション

    一人暮らしで助かるもの

    一人暮らしを始めると、家事や炊事などがやっぱり面倒に感じますよね。そんなときに、有った…